プラダン(プラスチック段ボール、ダンプラ)の価格をお見積もりいたします。

プラダンTOP > プラダン/ダンボール/プラスチックコンテナー比較表

プラダン/ダンボール/プラスチックコンテナー比較表

プラダンと段ボール・プラスチックコンテナの特徴を簡単にまとめました。ご参考ください。

→前のページへ戻る


   
プラスチック段ボール
段ボール
樹脂コンテナ
   

段ボール
(紙製)

プラスチック
コンテナ

箱の
値段
比較的安価
加工工数・部品点数が少ないためリーズナブル
A式よりは高い
蓋底が二重のため、A式よりは値段が高め
高め
フレーム・コーナーなど部品点数が増え、箱形状の工数も増えるため、値段は若干高め
高い
フレーム・コーナーなどの部品点数に加え、折りたたみ加工の工数がかかるため値段は高い
安い 安い(規格)〜高い(オーダー)
大量生産の規格品は安いが、オーダーメード品は型代が高い
型代 4万〜 4万〜 4万〜 4万〜 なし 1,000万〜
生産ロット
小ロット可能(30枚〜。小ロットで導入し、通い箱化することで、段ボールほど枚数を必要としません)
1枚〜 オーダー品で1,000枚程度から

丈夫さ 重量物には適さない
底抜けの可能性があり、重量物を入れるには適さない
A式に比べると丈夫
コンテナー形状に比べると劣るが、底が二重なためA式に比べると安定している
非常に強い
折りたたむ機能がなく、フレームやコーナーがついているため非常に強い箱
強い
フレーム・コーナー付きで丈夫。ただし折りたたむ部位の加工のためコンテナーに比べると若干、丈夫さに欠ける
弱い 割れやすい
耐荷重はあるが、落とすと割れやすい。耐衝撃性に欠ける




折りたたみ
やすさ
手間がかかる
テープを外し、箱を開く手間がある。畳むと大きくなり、かさばる。(マジックテープをつけると、ある程度は簡単に)
手間がかかる
テープを外し、箱を開く手間がある。畳むと大きくなり、かさばる。(マジックテープをつけると、ある程度は簡単に)
折りたためない 簡単でコンパクト
折り畳める加工設計で非常に折りたたみやすい
側面が箱の内側に入りコンパクトに収納
手間がかかる
テープを外し、箱を開く手間がある。畳むと大きくなり、かさばる
折りたためるタイプの収納は簡単
箱の組立
しやすさ
手間がかかる
箱を折り曲げ、テープで貼る手間がかかる
手間がかかる
A式よりは組み立て易い(※1)が、箱を折り曲げ、テープで貼る手間がかかる
組立の必要がない 簡単
折り畳める加工設計のため非常に組み立てやすい
手間がかかる
箱を折り曲げ、テープで貼る手間がかかる
折りたためるタイプの組立は簡単
蓋の開閉
しやすさ
手間がかかる
テープで止める手間がある(マジックテープをつけると、ある程度は簡単に)
手間がかかる
テープで止める手間がある(マジックテープをつけると、ある程度は簡単に)
蓋はついていない(オプションでつけることが可能) 蓋はついていない
オプションでつけた場合、簡単
手間がかかる
テープで止める手間がある
蓋がついているタイプは開けやすい
一番の特徴 一般的な形状。
すべての段ボールの代替が可能
底が抜けにくい 常に使用している場合に最適。
空箱の収納に困る場合がある
取扱い易さは抜群 使い捨てが前提。 大量生産の規定サイズを利用するか、高い型代がペイできる位の大ロットで箱を生産する場合に最適
   

段ボール
(紙製)

プラスチック
コンテナ
※1  フラップケースは組み立てた時に底の端が縁に来ます。A式は組み立てた時に底の縁が中央にきます。そのため、フラップケースの方がテープが貼りやすいことになります。

紙ダンボールからプラダンへ
変更されるお客様の多くは「一度使って捨てるのはもったいない」「何度も使いたい」「ダンボールの廃棄コストを削減したい」というご要望でプラダンへ変更されます。

さまざまな物の代替としてのプラダンの可能性は、「プラダン活用ガイド」 にまとめていますのでご参考ください。

プラスチックからプラダンへ
変更されるお客様は、現在使っている樹脂コンテナやパレット、樹脂製品(ケース類)に、なんらかの不満があり、その改善をプラダンで検討される方が多いです。
プラダンは設計できるプラスチックとして小ロットから作成できます。

今お使いの樹脂製ケース、 「もっと、ここがこうならないかな?」 というご不満がありましたら 一度ご相談ください。


→前のページへ戻る


ダンプラTOP > プラダン/ダンボール/プラスチックコンテナー比較表